角和 大禄

釘師サブやん(漫画)の登場人物。読みは「かくわ だいろく」。別称、角さん。

  • 角和 大禄
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
釘師サブやん(漫画)
正式名称
角和 大禄
ふりがな
かくわ だいろく
別称
角さん

総合スレッド

角和 大禄(釘師サブやん)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

ネクタイをしめた一見サラリーマン風の男。根岸佐助の弟子であり、サブやんとは2人っきりの兄弟弟子。修業時代から寝食を共にした仲で、サブやんからは角さんと呼ばれ慕われていた。サブやんが挑んだ金札勝負の立会人となる。

登場人物・キャラクター

サブやんの釘師の師匠。禿げ頭の老人。釘師の神さまと呼ばれたが、現在は釘師を引退し、たい焼き屋をしている。美人の娘、里美がいる。上京直後、悪い奴に騙されて有り金を全部取られてしまい、上野公園で途方に暮れ...

関連キーワード

『釘師サブやん』で、主人公のサブやんとパチプロ美球一心が戦った勝負。美球一心だけでなく、全国から北海の無法虎などのパチプロが挑んできた。それに対して、サブやんは、美球一心の使う忍球玉バサミに対して考案...

登場作品

昭和30年代。渋谷のパチンコ店第一ホールで、茜三郎ことサブやんは、パチンコ台の釘の傾きを調整する釘師をしていた。そんなある日、パチプロ・美球一心が来店。サブやんが釘を締めて玉を出なくしていたパチンコ台...