角松 洋介

ジパング(漫画)の主人公。読みは「かどまつ ようすけ」。別称、角松。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ジパング(漫画)
正式名称
角松 洋介
ふりがな
かどまつ ようすけ
別称
角松

総合スレッド

角松 洋介(ジパング)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

海上自衛隊に所属する自衛官の男性で、階級は二等海佐。イージス艦みらいの副長兼船務長を務める。人命を何よりも大切に考える情に厚い人物で、仲間はもちろん敵軍の兵士であっても命を見捨てることを決してしない。ミッドウェー海戦の最中にタイムスリップした際、本来死ぬはずであった大日本帝国海軍の少佐・草加拓海の命を救ったことで、後の日本の歴史を変えるきっかけを作ってしまう。

みらいクルーの中では最も早く内地に上がったこともあり、太平洋戦争中の時代への適応力は高く、現代では想定されていない艦隊戦の戦術にも対応するなど卓越した指揮力をもつ。梅津が負傷してからは、みらい艦長の座を譲り受ける。

歴史改変を避けようとする方針に不満をもったクルー達により、一時退艦を余儀なくされるなどの困難に遭うも、クルーをまとめあげ、草加の計画を阻止するために戦う。

登場作品

海上自衛隊の誇る最新鋭のイージス艦みらいは、新日米ガイドラインによる海外派遣に向かう途中、突如巻き起こった嵐に巻き込まれて落雷を受け、ミッドウェー海戦直前の太平洋戦争の時代へとタイムスリップする。目の...