詐欺師の老人

垣根の魔女(漫画)の登場人物。読みは「さぎしのろうじん」。

  • 詐欺師の老人
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
垣根の魔女(漫画)
正式名称
詐欺師の老人
ふりがな
さぎしのろうじん

総合スレッド

詐欺師の老人(垣根の魔女)の総合スレッド
2016.06.10 10:46

概要

ある日栄町に現れて、あちこちで昔住んでいた家なので懐かしくて寄ってみた、という嘘をついては食事を呼ばれる孤独な老人。嘘ばかりついている老人だが、亡き妻の名も「ミドリ」であんたにそっくりだったとミドリに告げて町を去る。

登場作品

東京の下町の栄町で「垣根の魔女」と呼ばれているひとり暮らしのミドリは大正生まれ。おせっかいで頑固で手が早く、悪口には地獄耳、町内のまとめ役として日々駆けずり回っている元気なお婆さん。受験に悩むオサム、...