誘

(漫画)の登場人物。読みは「いざな」。淵累とは親族関係にある。

登場作品
(漫画)
正式名称
ふりがな
いざな
関連商品
Amazon 楽天

概要

淵累の実母。故人。演出家の羽生田釿互を協力者として、伝説の女優・淵透世として生き、海道与との間にを産んだ。口づけをした相手の顔と声を奪うことのできる「赤い口紅」をに遺し、死後も幻影としての前に度々現れる。は美しい顔をした母の姿しか見たことがないが、本当の顔は娘のと同じく、化け物のように醜い。

作者である松浦だるまが執筆したスピンオフ小説『誘』では、が主人公である。朱磐村(あけいわむら)という集落で槻かづらという醜い女性の娘として生まれ、戸籍も与えられずに育ったというの出自と、羽生田釿互との出会い、そして「日朱(ひしゅ)」と呼ばれる赤い口紅と同じ力を持った朱顔料を入手して村を出るまでの様子が描かれている。

関連人物・キャラクター

淵累

「伝説の女優」の名をほしいままにした美人女優・淵透世の一人娘。母に似ない醜い容貌のため、学校ではいじめられていた。小学5年生の時に、母の形見である「赤い口紅」を用いてクラスの美少女との入れ替わりを経験... 関連ページ:淵累

淵透世

淵累の母・誘によって顔と名前を奪われていた女性。故人。累の後見人である淵峰世の妹でもある。18歳で実家を出た後、淵透世の顔を奪った誘が女優として成功していく一方で、「本物の透世」は地下室で監禁生活を送... 関連ページ:淵透世

登場作品

美しい姿のままこの世を去り、「伝説の女優」と謳われた淵透世の一人娘・淵累。母に似ず醜い顔に生まれた累は、女優になる夢を持つものの、その醜さゆえに学校でいじめられていた。小学5年生の時、学芸会でシンデレ... 関連ページ:

SHARE
EC
Amazon
logo