誠七

ちょっと江戸まで(漫画)の登場人物。読みは「せいしち」。

  • 誠七
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ちょっと江戸まで(漫画)
正式名称
誠七
ふりがな
せいしち

総合スレッド

誠七(ちょっと江戸まで)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

瓦版屋の記者。ぼっちゃま江戸で遊んでいる様子を瓦版に書き、ぼっちゃまに「顔がかわいくない」と抗議される。その後、やんちゃな水戸の若君の活躍を描き、それが町民に受け、人気となった。誠七自身も取材し甲斐のあるぼっちゃまの魅力にはまってしまう。一部の水戸藩士の中にはぼっちゃまをバカにされたと憤る者もいて、命を狙われたこともあったが、ぼっちゃまの機転で見事解決した。

以降は、ぼっちゃまたちに江戸の情報を与えてくれる頼もしい存在となる。

登場作品

箱根の山奥で育った桜井そうびは、身寄りをなくし細々と生きていくが、実は江戸の大身旗本、桜井の娘だった。その後、桜井に引き取られて、良家の娘として生涯を送っていく。