諏訪姫

武田信玄(漫画)の登場人物。読みは「すわひめ」。武田信玄、武田勝頼とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
武田信玄(漫画)
正式名称
諏訪姫
ふりがな
すわひめ

総合スレッド

諏訪姫(武田信玄)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

武田信玄の側室。武田信玄に降服したものの、切腹させられた諏訪頼重の娘。罪悪感と憐れみ、そして美しさに惚れた武田信玄が家臣の反対を押し切り側室に迎える。後に武田勝頼の母となる。川中島の合戦の最中、胸の病によりわが子武田勝頼の行末を案じつつ短い生涯を終える。実在の人物諏訪姫がモデル。

登場人物・キャラクター

幼名「太郎」、元服後「晴信」と名乗る。「信玄」は出家後の法名。武田信虎の長男。甲斐国の武将。旗印は四つ割菱。初陣にて城を攻め落とす武勲を立てるが、父武田信虎には認めてもらえなかった。家督を継いだ後は、...
諏訪姫の子で武田信玄の四男。幼名四朗。武田義信亡き後、武田信玄と共に上洛を目指し織田信長勢力との戦いに身を投じる。武田信玄の死後、武田の家督と共に上洛の志しを継ぐ。しかし、長篠の戦いでの大敗が国内の瓦...

関連キーワード

『武田信玄』に登場する国名。現在の山梨県にあたる地域。戦国時代には諸勢力が割拠する争乱状態が続いたが、武田信虎により平定され、以降武田家の拠点となる。
『武田信玄』に登場する家名。源氏の末裔に連なる名門の家柄。武田信虎、武田信玄、武田勝頼により群雄割拠の時代において天下に名を轟かせるが、武田信玄の死後、十年経たずして滅亡の憂き目にあう。

登場作品

甲斐に攻め入る今川の大軍を武田信虎率いる武田軍が撃破したその日、武田信玄は産声を上げた。「勝ち戦の日に呱々の声を上げた縁起の良い子」として将来を嘱望された武田信玄は、群雄割拠の戦国乱世において獅子奮迅...