諸葛 孔明

天地を喰らう(漫画)の登場人物。読みは「しょかつ こうめい」。

  • 諸葛 孔明
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天地を喰らう(漫画)
正式名称
諸葛 孔明
ふりがな
しょかつ こうめい

総合スレッド

諸葛 孔明(天地を喰らう)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

諸国を旅する少年。童顔で、額の中央にほくろを持つ16歳。死病にとりつかれたが、男の妻になりたいという姉妹がいて、劉備玄徳は妹のを、孔明は姉のの方を引き取ろうとする。だが、村人の仕打ちによって、姉妹は正体を現わし、2匹の龍となって、劉備と孔明を天上界まで連れて行った。

実は、孔明は7歳の頃、迷った山で出会った仙人から、龍の娘が若返るために人間の男の精を求めることを聞かされていた。そこで、と交わり、何でも欲しいものが1つ手に入れられるようになる。孔明は森羅万象のすべてが記された書物を、の父である竜王に求め、書物のある登竜門へ行く。

登場人物・キャラクター

楼桑村のワラジ売りの少年。泥棒をして村人に追いかけられることもあり、素行不良。実際は、漢の中山靖王の末孫で景帝の玄孫にあたる。村に帰ってきてみると、死病にとりつかれたという姉妹がいた。最期に男の妻にな...

登場作品

貧しい身なりのワラジ売り、劉備玄徳は、死病にかかりながらも最期に誰かの妻になりたいという2人の姉妹と出会う。劉備は妹を選び、姉の方は、諸国を旅して回ってきた諸葛孔明が引き取ろうとした。だが、村人たちが...