講武館

サムライうさぎ(漫画)に登場する道場。読みは「こうぶかん」。

  • 講武館
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サムライうさぎ(漫画)
正式名称
講武館
ふりがな
こうぶかん

総合スレッド

講武館(サムライうさぎ)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

江戸幕府とつながりの強い巨大道場で、師範は清木清左衛門。厳しい武士道理念、「武士道といふは死ぬ事と見つけたり」を掲げている。「巡回」と称して、武家のものが恥ずべき好意を行っている時に刀で斬りつけるなど、横暴な行為も多い。「うさぎ道場」には目をつけている。

関連キーワード

15歳の宇田川伍助が師範となり、妻の宇田川志乃と切り盛りしている。名前の由来は「うさぎは月まで飛ぼうとがんばってるヤツラだから」。剣術が好きな人だけを集めようと考えており、特に理念はない。

登場作品

江戸末期。上下関係の厳しい武家社会で理不尽に父と兄を失った15歳の宇田川伍助。まだ若い彼は、武士道のあり方に疑問を感じ、正々堂々、剣術も、自分の心も強くありたいと願い、同い年の妻宇田川志乃と「うさぎ道...