謝 文東

謝 文東

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。読みは「しゃ ぶんとう」。

登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
謝 文東
ふりがな
しゃ ぶんとう
関連商品
Amazon 楽天

概要

抗日聯軍の将軍。昭和9年に勃発した農民蜂起、土竜山事件の指導者。土地の収奪に反抗して一万人余といわれる民衆軍を率いて日本人武装移民入植地を攻撃、日本軍連隊長以下多数を殺害した。抗日聯軍第八軍を率いて牡丹江の北辺りに展開。しかし共産党主導の聯軍指導部とはウマが合わない為、征西方針に服さず、抗日聯軍と縁を切り独自の判断で行動している。

宋丁良の提案に賛同し第八軍に合流することを決めたウムボルトと牡丹江で合流する。歴史上の実在の人物、謝文東がモデル。

登場作品

虹色のトロツキー

第二次世界大戦勃発の前年の昭和13年に物語は始まる。日本人の父と蒙古人の母の間に生まれたウムボルトは、満州国に開学した建国大学に特別研修生として入学する。だが彼は幼き日の記憶を失っていた。それは、かつ... 関連ページ:虹色のトロツキー

SHARE
EC
Amazon
logo