谷 健太郎

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「たに けんたろう」。別称、タニケン。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
谷 健太郎
ふりがな
たに けんたろう
別称
タニケン

総合スレッド

谷 健太郎(女神の鬼)の総合スレッド
2016.09.18 13:03

概要

小柄で気弱な性格。小学生のころからギッチョと同級生で、中学生になってからも行動を共にすることが多いが、足手まといになってばかりだった。廣島連合と陴威窠斗の抗争の際は、金田勝一に拉致された後、極楽蝶の三浦治中尾鷹彦に利用され、争いの火種をまいた。抗争の後は東紳彌の策もあり、すべての糸を引いていた「裏社会のドン」と恐れられるようになる。

さらに六代目極楽蝶総長に就任した。

登場作品

1979年、広島。「王様」を夢見て暴れ狂う日々を送っていた小学生佐川義(ギッチョ)は、鬼に扮した男たちが子供を追い回す「鬼祭り」の日に四人の鬼たちと出会う。花山靖、原真清、虎鮫茂(ハンニャ)、望月隆(...