谷 健太郎

谷 健太郎

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「たに けんたろう」。別称、タニケン。

登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
谷 健太郎
ふりがな
たに けんたろう
別称
タニケン
関連商品
Amazon 楽天

概要

小柄で気弱な性格。小学生のころからギッチョと同級生で、中学生になってからも行動を共にすることが多いが、足手まといになってばかりだった。廣島連合と陴威窠斗の抗争の際は、金田勝一に拉致された後、極楽蝶の三浦治中尾鷹彦に利用され、争いの火種をまいた。抗争の後は東紳彌の策もあり、すべての糸を引いていた「裏社会のドン」と恐れられるようになる。

さらに六代目極楽蝶総長に就任した。

登場作品

女神の鬼

舞台は80年代の広島県。主人公ギッチョを中心に、それぞれ「王様」を目指す不良少年たちの抗争を描いたヤンキーバイオレンス漫画。前半は広島の暴走族を巻き込んだ抗争、後半では「鬼」と呼ばれる更正不可能な不良... 関連ページ:女神の鬼

SHARE
EC
Amazon
logo