谷口タカオ

プレイボール(漫画)の登場人物。読みは「たにぐち たかお」。

  • 谷口タカオ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
プレイボール(漫画)
正式名称
谷口タカオ
ふりがな
たにぐち たかお

総合スレッド

谷口タカオ(プレイボール)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

墨谷高校野球部部員。ポジションは三塁手・投手。中学生時代、キャプテンを務めた墨谷二中野球部で全国制覇を遂げたが、その際に怪我を押して投げ続けたため、後遺症で指が曲がったままとなり、球をまともに投げられなくなる。高校は地元の墨谷高校に進学。サッカー部に勧誘されて入部し、持ち前のガッツでレギュラー候補となるも、野球への思いが断ちきれず、あらためて野球部に入部する。

一塁への送球をゴロで行うことで守備の問題を解決するが、その過程で、投げた球がナチュラルなフォークボールとなることを発見し急遽投手へ抜擢される。地区予選3回戦の東都実業戦では、ふらふらになりながらも、あと一歩のところまで追い詰める。

2年生になると下級生ながらキャプテンに抜擢され、同時に手術によって指も治り、エースで4番として墨谷高校野球部を引っ張っていく存在となる。

関連キーワード

『プレイボール』に登場する野球部。地区予選で5年連続1回戦負けという弱小チームで、毎年、3年生が引退すると定員割れしてしまう。キャプテンの田所をはじめとした部員たちも野球への意識が低かったが、谷口タカ...

登場作品

中学時代の怪我の後遺症で野球を諦め、高校ではサッカー部に入部した谷口タカオ。持ち前のガッツでサッカー部でもレギュラー候補となるが、野球への思いを捨てきれず、再び野球を始めることとなる。万年1回戦負けの...