豊倉 江津子

豊倉 江津子

ぎんぎつね(漫画)の登場人物。読みは「とよくら えつこ」。冴木達夫とは親族関係にある。

登場作品
ぎんぎつね(漫画)
正式名称
豊倉 江津子
ふりがな
とよくら えつこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

冴木まことの伯母で、冴木達夫の実姉。49歳。地元の名産である豊倉酒造の女社長。本来跡取りであるはずの達夫冴木神社の婿養子になったため、代わりに婿をとって会社を継いだ。サバサバしたしっかりもの。若い頃から空手をやっているためスタイルがいい。

関連人物・キャラクター

冴木達夫

冴木まことの実父。冴木神社の宮司。婿養子なので神使の銀太郎は見えないが、その存在はなんとなく感じている。早くして妻を亡くし、男手一つで育ててきたまことを誰よりも理解し、見守っている。のんびりとした心の... 関連ページ:冴木達夫

関連キーワード

冴木神社

冴木まことの家。江戸時代から続く小さな稲荷神社。豊穣の神、宇迦之御魂大神(うかのみたまものおおみかみ)を祀っている。神使は銀太郎と金次郎だが、金次郎は現在行方不明。 関連ページ:冴木神社

登場作品

ぎんぎつね

冴木神社の15代目跡取りである冴木まことは、一見普通の女子高生だが不思議な能力をもっている。神使の狐、銀太郎が見えるのだ。将来を占ったり探しものを見つけたりするのがと得意な銀太郎の能力を、困っている人... 関連ページ:ぎんぎつね

SHARE
EC
Amazon
logo