豊穣神発肥

ギガントマキア(漫画)に登場する生物。読みは「ほうじょうしんはぴ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ギガントマキア(漫画)
正式名称
豊穣神発肥
ふりがな
ほうじょうしんはぴ

総合スレッド

豊穣神発肥(ギガントマキア)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

聖虫族の主神である、芽慰痾の肉片。その正体は、休眠状態の巨人である。豊穣神発肥の恵みのため、聖虫族の住処には生命が栄えている。

登場人物・キャラクター

『ギガントマキア』に登場する生物。峰綸保主によって帝国軍に与えられている謎の巨大生命体。圧倒的な巨体と戦闘能力で、亜人族の脅威となっている。眠りについた巨人たちは芽慰痾の肉片として、その地に生命を繁ら...

関連キーワード

『ギガントマキア』に登場する民族。砂漠に住む、甲虫のような容姿と皮膚をした亜人族。豊穣神発肥を主神としている。甲虫と共生しており、羽を帆のように広げ移動する甲虫を移動手段として使っている。長い間、帝国...

登場作品

遠い未来、数億年に一度の大厄災で、ほとんどの生物が死滅してしまった地球。筋骨隆々の男泥労守と不思議な少女風炉芽は、砂漠だけが永遠と続く荒れた大地を彷徨っていた。するとそこに亜人族の聖虫族が現れる。人族...