貝塚 徳子

貝塚 徳子

天才柳沢教授の生活(漫画)の登場人物。読みは「かいづか とくこ」。

登場作品
天才柳沢教授の生活(漫画)
正式名称
貝塚 徳子
ふりがな
かいづか とくこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

第146話~第176話にわたる柳沢良則の敗戦後まもないころの回想に出て来る。焼け野原となった街を見下ろす山腹に建つ洋館に住む女性で、彼女の夫・貝塚峯太郎は周囲の地主でもあった。夫には先立たれ、息子の晴夫も戦死している。日本が敗戦したその日、打ちひしがれていた人々の中で唯一笑っていたことで、街の人々に袋叩きに合っていた青年時代の良則と出会う。

またそこから、米軍に接収されそうになっていた屋敷を使って、良則を招いて学校を開くことになる。気が強く、口調もキツい女性ではあるが、これからを生き抜こうという気概に溢れていた。

関連人物・キャラクター

柳沢 良則

Y大学経済学部の教授。戦前に幼少期を過ごし、戦中は海軍に所属。戦後は焼け野原から復興しようと懸命に生きる子供たちと共に、その後の彼の人生を決める悩みを抱えながら様々な事を学んだ。現在は4人の娘をもうけ... 関連ページ:柳沢 良則

登場作品

天才柳沢教授の生活

Y大学の経済学部の教授を務める柳沢良則は、起床は朝5時半、就寝は午後9時という規則正しい毎日を送っている。必ず横断歩道を渡り、道をまっすぐ歩き、角は直角に曲がる。一見、合理主義で無感動な人物に見える柳... 関連ページ:天才柳沢教授の生活

SHARE
EC
Amazon
logo