貝沼 清孝

貝沼 清孝

秘密—トップ・シークレット—(漫画)の登場人物。読みは「かいぬま きよたか」。

登場作品
秘密—トップ・シークレット—(漫画)
正式名称
貝沼 清孝
ふりがな
かいぬま きよたか
関連商品
Amazon 楽天

概要

28人連続殺人事件の犯人。快楽殺人犯であり常軌を逸した手口で28人の少年を殺害した。実はかつてスーパーで万引き犯として捕まった時、薪剛にその罪を見逃されたことがあり、薪は貝沼に、自分が「第九」に所属していることやMRI捜査について話していた。以来、貝沼は薪に対して歪んだ愛情を抱くようになり、それが事件を引き起こすきっかけになったと思われている。逮捕後、貝沼は取調中に留置場内で自殺している。モデルは全米を震撼させたシリアルキラーで、「キラー・クラウン」の異名を持つジョン・ゲイシーである。

貝沼の死後、「第九」の捜査員たちはMRI捜査で貝沼の脳の映像を見たが、そのあまりの異常な思考に影響を受け錯乱したため、3人が死亡した。滝沢幹生も精神障害を負い入院することとなる。「第九」のメンバーは薪だけとなったが、薪も心に消えないトラウマを負ってしまう。

関連キーワード

28人連続殺人事件

「秘密 —トップ・シークレット—2001」に登場する架空の犯罪。少年ばかり28人が、残酷な手口で殺された事件で、貝沼清孝によって引き起こされた。通称「貝沼事件」や「28人殺し」などと呼ばれる。あまりの... 関連ページ:28人連続殺人事件

登場作品

秘密—トップ・シークレット—

世界観タイトルの「秘密」は個人が「墓まで持っていく秘密」を意味している。この「秘密」は今までは決して暴かれることがなく、本人の死亡と共に永遠の謎となるはずだった。ところが、毎日自分が頭の中で思い描く、... 関連ページ:秘密—トップ・シークレット—

SHARE
EC
Amazon
logo