貧しい家の娘

貧しい家の娘

ヒカリとツエのうた(漫画)の登場人物。読みは「まずしいいえのむすめ」。

登場作品
ヒカリとツエのうた(漫画)
正式名称
貧しい家の娘
ふりがな
まずしいいえのむすめ
関連商品
Amazon 楽天

概要

山中のほとんど廃村のような場所に建つボロボロの家に、寝たきりの祖父と住む若い娘。「つぎはぎの夜」に登場する。名前・年齢は不明。廃屋かと思って演奏の練習をしていたゴゼに怒って石をぶつける。しかし、そのあとゴゼが連れてきた、古い家を探していたフィールドワーク中の男子大学生を受け入れて、家や家具の写真を撮らせる。

男子大学生を泊めて一夜を過ごすが、次の朝彼は迎えに来た同じゼミの女子と帰ってしまい、貧しい家の娘は切なさに打ち震えるのだった。

登場作品

ヒカリとツエのうた

目の見えない少女ゴゼが、一人で自由に生きようと身につけた三味線の技で、苦労して北の地方で暮らしていく。やはり盲目の年下の少年・二太とゴゼとの出会いや、二太自身の板子(イタコ)の少女との出会いも語られる... 関連ページ:ヒカリとツエのうた

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ゴゼ
親方
トミ
二太
二太の両親
ツエ
オサム
男子大学生
教師
ヒカリ
集団・組織
その他キーワード
仏おろし
logo