貧野

貧野

いろはにほう作(漫画)の登場人物。読みは「ひんの」。

登場作品
いろはにほう作(漫画)
正式名称
貧野
ふりがな
ひんの
関連商品
Amazon 楽天

概要

ほう作や栗之介の通う世田谷区立大中小学校に通う貧乏な少年。見た目はボサボサな長髪ですり切れたタンクトップと短パン姿を着用し、どことなくアントニオ猪木を思わせる顔つきをしている。貧野という名字どおりの貧乏な家庭で昼食はいつもなし。貧乏をこじらせて、性格もどこか歪んでいる。

自分でも、ウソつきで性根が腐っているという自覚があるけれど、人の物は盗まないというポリシーはある。食べ物に関する執着はすさまじく、弁当の豆一つでほう作と争っていた。

関連人物・キャラクター

色埴 ほう作

九州の馬尻村出身で、小学5年生のときに東京の安田家に居候する。コピーライターやデザイナー志望だが、言葉は強い博多弁で、自分のことを「あて」と呼ぶ。頭にはカッパのような丸いハゲがあり、興奮すると「うずり... 関連ページ:色埴 ほう作

関連キーワード

世田谷区立大中小学校

世田谷区にある小学校で、九州から転校してきたほう作や姫子もこの小学校で学ぶ。屋外にプールがあるけれど、冬は水が抜かれている。ほう作たちの卒業式は第51回卒業式と看板に書かれていた。

登場作品

いろはにほう作

コピーライターを目指す少年色埴ほう作の、小学校5年生から中学入学までの生活を描く。最終章は「天才の章」と呼ばれており、ほう作が本物のアホから本物の天才へと変貌する。一発ギャグが多く出てくるのが特徴。 関連ページ:いろはにほう作

SHARE
EC
Amazon
logo