赤場 譲介

赤場 譲介

帝一の國(漫画)の登場人物。読みは「あかば じょうすけ」。赤場帝一とは親族関係にある。

登場作品
帝一の國(漫画)
正式名称
赤場 譲介
ふりがな
あかば じょうすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

赤場帝一の父親で、通産省に務める役人。厳格な人物であり、帝一を厳しく指導している。本人も海帝高校の卒業者であり、ライバルの東郷卯三郎に一票差で敗れて生徒会長の座を逃したという苦い過去を持っている。そのため息子に自分を重ね合せ、彼が生徒会長になるために助力している。

背中には毘沙門天の入れ墨が施されており、帝一にアドバイスをする際には背中で語ることが多い。

関連人物・キャラクター

赤場帝一

初登場時高校一年生。海帝高校の付属中学で生徒会長を務め主席で卒業したエリート。平和で、誰にも邪魔されずにピアノを弾ける国を作りたいという思いをきっかけに、やがては日本を世界一の国にするために総理大臣を... 関連ページ:赤場帝一

登場作品

帝一の國

時は昭和。「総理大臣になり自分の国を作る」という野望を持つ少年・赤場帝一は、政界への足掛かりを作れるという海帝高校・生徒会長の座を狙っていた。海帝中学で生徒会長を務め、同時に主席でもあった帝一は親の賄... 関連ページ:帝一の國

SHARE
EC
Amazon
logo