赤塚 不二夫

青春少年マガジン1978~1983(漫画)の登場人物。読みは「あかつか ふじお」。

  • 赤塚 不二夫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
青春少年マガジン1978~1983(漫画)
正式名称
赤塚 不二夫
ふりがな
あかつか ふじお

総合スレッド

赤塚 不二夫(青春少年マガジン1978~1983)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

漫画家。『1・2の三四郎』が講談社漫画賞を受賞した際に、授賞式で総評を行うが、壇上で「三四郎」を「三太郎」と言い間違えるスピーチを披露する。しかし、小林まことは迎えの車のトラブルでスピーチを聞き逃している。実在の漫画家赤塚不二夫がモデル。

登場人物・キャラクター

1978年5月、19歳で「週刊少年マガジン」の新人賞に入選し、漫画家としてデビューする。その後、『1・2の三四郎』の連載を開始し、人気漫画家となる。しかし、執筆ペースの遅さから何度も連載に穴を開ける。...

登場作品

主人公の漫画家小林まことの仕事場を、講談社の編集者が訪れる。彼らは「週刊少年マガジン」の創刊50周年を記念して、小林が「週刊少年マガジン」誌上で『1・2の三四郎』を連載していた時の苦労話や楽しかった思...