赤川 弥四郎

大ぼら一代(漫画)の登場人物。丹波太郎字とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
大ぼら一代(漫画)
正式名称
赤川 弥四郎

総合スレッド

赤川 弥四郎(大ぼら一代)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

丹波学園に入学した丹波太郎字と争った赤川高校の支配者。応援部主将で武道の達人。赤川高校は丹波家の宿敵赤川家が経営する高校であり、赤川弥四郎は赤川家の息子である。1300人の学生を配下として従え、三位一体の攻撃法で丹波学園と戦うが、太郎字の戦略に破れ去った。

その後、大ぼら同盟が反島村万次郎勢力として立ち上がった時には、共に戦う同志として駆けつけた。

登場人物・キャラクター

資産20兆円の大富豪丹波三郎のめかけの子として生を受ける。中学生となって丹波家に入るまで、母方の山岡姓を名乗り、母親の故郷の漁村上山村で暮らしていた。そこで小学生ながら中学の冷酷な番長五代を倒し、巨漢...

関連キーワード

『大ぼら一代』に登場する組織。IQ300を自称する小学生・間源太郎によって構想された集団。20年後に日本を動かすことを目的に結成された。間源太郎はまず丹波太郎字を仲間に誘い入れ、その後、将来の大蔵省官...

登場作品

資産20兆円の岡山の大富豪のめかけの子として生まれた丹波太郎字。小学生の頃から並外れた度量を持つ太郎字は、盟友の間源太郎とともに将来の日本を動かす集団大ぼら同盟を結成する。一方で太郎字の父親・丹波三郎...