赤影

赤影

仮面の忍者 赤影(漫画)の主人公。読みは「あかかげ」。

登場作品
仮面の忍者 赤影(漫画)
正式名称
赤影
ふりがな
あかかげ
関連商品
Amazon 楽天

概要

飛騨忍軍の忍者で、赤い布に目出しの穴が開いた仮面で顔を隠している青年。本名も年齢も不明。まげは結っておらず、仮面の布を長くマフラーのように垂らしている。顔を隠すことに特にこだわりはなく、武器がなくなったとき仮面をほどき、それを使って敵を絞め殺したこともある。若いが、忍術も剣も手練な上に観察力が鋭く、敵の忍術の弱点をすぐ見ぬいて攻撃する。

飛騨忍法「みだれ髪」「水花仙」などを使う。前者は、大量の非常に細く強靭な髪の毛を、徐々に相手の体に巻き付け、身動きがとれないようにするというもの。火薬と炎を用いる「飛騨火炎陣」という技も用いる。

関連人物・キャラクター

鬼念坊

忍者集団霞谷七人衆の一人。刀や手裏剣を跳ね返す術と、大量の火薬を用いた派手な火遁を使う、スキンヘッドで眉毛もない巨漢。刃が通らなかったのは、特異体質などではなく、服の下に鉄の鎧を着ていたため。しかし、鎧のため体が重くなるため、その弱点を赤影に見抜かれる。

関連キーワード

飛騨忍群

『仮面の忍者 赤影』に登場する集団。赤影・青影が属している。第二部「うつぼ忍群の巻」、第三部「決戦うつぼ砦の巻」に登場する。飛騨の山中にある隠れ里に住んでおり、頭領の竜斎(りゅうさい)に束ねられている。上記の二人以外では、白影・紅影・黒影・高山の右近(たかやまのうこん)といった忍者が属している。

うつぼ忍群

『仮面の忍者 赤影』に登場する集団。第二部「うつぼ忍群の巻」、第三部「決戦うつぼ砦の巻」に登場する。どう猛で残忍で、他の忍者集団から恐れられている忍者集団。隠れ里に住む。織田信長と敵対する大名から、木... 関連ページ:うつぼ忍群

登場作品

仮面の忍者 赤影

戦国時代、木下 藤吉郎のもとで働く飛騨忍群の忍者赤影とその仲間の闘いを描く、忍術バトル漫画。第一部「金目教の巻」、第二部「うつぼ忍群の巻」、第三部「決戦うつぼ砦の巻」より構成される。 関連ページ:仮面の忍者 赤影

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
集団・組織
うつぼ忍群
logo