赤松 円心入道 則村

赤松 円心入道 則村

太平記(漫画)の登場人物。読みは「あかまつ えんしんにゅうどう のりむら」。

登場作品
太平記(漫画)
正式名称
赤松 円心入道 則村
ふりがな
あかまつ えんしんにゅうどう のりむら
関連商品
Amazon 楽天

概要

楠木正成らと共に反幕府勢として北条家率いる幕府軍と戦う。しかし、建武の新政で公家ばかりが優遇されることに不満を募らせていく。足利尊氏が謀反を起こすと、自らも挙兵して足利尊氏率いる北朝に加わる。歴史上の実在の人物、赤松則村がモデル。

登場作品

太平記

時は鎌倉時代。政治の実権を握っていた北条家は、この世の春を謳歌していた。そんな中、朝廷の権威回復を願う後醍醐天皇は、討幕を決意する。楠木正成、足利尊氏、新田義貞らの活躍により、鎌倉幕府は崩壊、後醍醐天... 関連ページ:太平記

SHARE
EC
Amazon
logo