赤染衛門

赤染衛門

暴れん坊少納言(漫画)の登場人物。読みは「あかぞめえもん」。

登場作品
暴れん坊少納言(漫画)
正式名称
赤染衛門
ふりがな
あかぞめえもん
関連商品
Amazon 楽天

概要

元々は藤原道長の妻に仕えていたが、彰子の女房となる。物語や詩の筆写、お香の扱いに長けている。愛読書は枕草子と源氏物語で、それぞれの作者である清少納言紫式部の親友になりたいと思っている。しかし、その思いはヤンデレと言ってもいいくらいのレベルで歪んでおり、少納言と式部の一番の友人になるためと称しては、強引かつ自作自演の策をもって二人をたびたび振り回していた。

実在の人物・赤染衛門がモデル。

関連人物・キャラクター

彰子

藤原道長の娘で定子の従姉妹。後に定子に代わって中宮の座に就く。銀髪のポニーテールに西洋風の着物という独特のファッションで、入内から3年後には和泉式部にも負けない巨乳に成長した。12歳の頃から定子を押し... 関連ページ:彰子

清 少納言

本名の「清原諾子」は親兄弟や夫となる相手にしか明かせないが、橘則光はしばしば彼女を「諾子」と呼ぶ。歌人で中流貴族の清原元輔の娘。貴族の娘であるものの、和歌や風流ごとや恋愛ごとよりも漢籍を読んだり野山を... 関連ページ:清 少納言

関連キーワード

藤壺

『暴れん坊少納言』に出てくる舞台または組織。彰子の住まう後宮で、庭に藤が植えられていたことからが藤壺と称された。彰子に仕える女房たちのサロンも藤壺と呼ばれており、作中では紫式部、和泉式部、赤染衛門らが... 関連ページ:藤壺

登場作品

暴れん坊少納言

女性に無縁な橘則光がお見合いした相手は、清原諾子というツンデレ気味な少女だった。お見合い自体は破談となるが、諾子が宮中での則光のピンチを救ったことをきっかけに、彼女は中宮定子に招かれて梅壺所属の女房に... 関連ページ:暴れん坊少納言

SHARE
EC
Amazon
logo