赤目のスガル

赤目のスガル

カムイ外伝 第二部(漫画)の登場人物。読みは「あかめのすがる」。夙のカムイとはライバル関係。

登場作品
カムイ外伝 第二部(漫画)
正式名称
赤目のスガル
ふりがな
あかめのすがる
関連商品
Amazon 楽天

概要

奇ケ島(くしきがしま)で漁師の半兵衛と世帯を持ち、サヤカ、ゲンタ、ツグミの三人の子供を育てていた女。お鹿と名乗っていたが、正体は10年間逃げ続けていた伊賀の抜け忍スガルだった。長針による千本打ちを得意とし、カムイの変移抜刀霞斬りを白刃砕きで破っている。

渡し船が嵐で難破して溺れたカムイを半兵衛と共に助けたが、追忍と思い込んで命を狙った。しかし津城五万石領主の愛馬を傷つけた半兵衛が捕らえられ、処刑されかけたところをカムイと共に救うことになる。また娘のサヤカはカムイに恋していた。後に追忍の手を逃れるため瀬戸内の幸島に移り住むが、渡り衆の頭不動によって一家全員毒殺されている。

関連人物・キャラクター

夙のカムイ

夙谷の非人部落出身の天才忍者。自由を求めて忍者になったが、その非情な掟に反逆して抜け忍となり、同郷の追忍たちから追われる身となった。変移抜刀霞斬りや飯綱落とし、十文字霞崩しなどの必殺技を持つ。旅先では... 関連ページ:夙のカムイ

不動

鮫殺しを生業とする瀬戸内の渡り衆の頭。かつてケガをした時にお鹿ことスガルの亭主の半兵衛に助けられ、互いに漂泊民の山窩の出であることを知った。渡り衆たちはみな抜け忍で、カムイに正体を明かし仲間となったが... 関連ページ:不動

登場作品

カムイ外伝 第二部

江戸時代の寛文年間、非人とされる部落民から忍者となったカムイは非情な宿命に反逆して抜け忍となり、追っ手の追忍たちに狙われては打ち倒していく。逃亡の旅の中で同じ抜け忍や盗賊一味の小頭など、様々な困難を背... 関連ページ:カムイ外伝 第二部

SHARE
EC
Amazon
logo