• 任侠沈没 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 赤竜流組

赤竜流組

赤竜流組

任侠沈没(漫画)に登場する暴力団。読みは「せきりゅうぐみ」。

登場作品
任侠沈没(漫画)
正式名称
赤竜流組
ふりがな
せきりゅうぐみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

中央部播堂会粟侍連合系に所属し、組長は粟侍我竜。尾張北部・播堂村の農民が明治末期の大飢饉の際に組織した集団を源流に持っており、史上最強の任侠として恐れ敬われてきた。組員は2000人、構成員は8000人を数える。

登場作品

任侠沈没

何者かによって妻子を殺害された、赤竜流組の若頭であるヤクザの大紋寺龍伍。遺留品のライターから、赤竜流組組長の粟侍我竜が犯人と判断した龍伍は、報復のために粟侍我竜がいる東京へと向かう。しかしその途中、伊... 関連ページ:任侠沈没

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
任侠沈没
logo