超常瑪羅門の会会長

超常瑪羅門の会会長

瑪羅門の家族(漫画)の登場人物。読みは「ちょうじょうばらもんのかいかいちょう」。

登場作品
瑪羅門の家族(漫画)
正式名称
超常瑪羅門の会会長
ふりがな
ちょうじょうばらもんのかいかいちょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

奇跡の力で予備校生の隠れた能力を引き出し、浪人生たちを大学に合格させると言うカルト団体「超常瑪羅門の会」の会長。総理大臣の白髪の数までわかると言う瑪羅門一族の情報網を持ってしても、本名がわからなかった人物。1970年代前半に米国国防省の特殊部門に研究所員として籍を置き、精神的向上の効果を持つ液体「ゲルカロイドP-3」を開発。

「超常瑪羅門の会」では、浪人生の会員達に高額な価格で「奇跡水」として販売をする。

登場作品

瑪羅門の家族

瑪羅門龍は、瑪羅門寺に住む変わり者一家である瑪羅門家の三男。しかし、瑪羅門一族は裏の顔を持ち、「聖なる力」でイメージ通りの死を与え、法で裁けぬ悪を闇で裁くことを生業としていた。17歳になった龍も「聖な... 関連ページ:瑪羅門の家族

SHARE
EC
Amazon
logo