超獣王ギータ

超獣王ギータ

ハーメルンのバイオリン弾き(漫画)の登場人物。読みは「うぉーりあ・きんぐぎーた」。

登場作品
ハーメルンのバイオリン弾き(漫画)
正式名称
超獣王ギータ
ふりがな
うぉーりあ・きんぐぎーた
関連商品
Amazon 楽天

概要

魔界軍王NO.4の実力を持つ。上半身に犬型の獣人、下半身に犬そのものが付いた見た目をしている。魔界軍一の剣客で様々な剣を集めることと、強い相手がもがき苦しむ様を眺めるのが趣味。強者に媚び、弱者には強く出る態度を取り、弱って勝てると判断した強者に対しては手の平を返す、狡猾で野心家な性格を持つ。

基本的には剣客らしく、自身の集めた剣を武器に戦うが、血を飲んだ相手の能力をコピーする特殊能力も持っている。冥法王(ヘル・キング)ベースから、パンドラの箱の鍵を探すよう命令され、幻竜王(ドラゴン・キング)ドラムと共にスフォルツェンド公国へ進軍する。名前の由来は弦楽器のギター。

関連キーワード

魔界軍

『ハーメルンのバイオリン弾き』に登場する魔族達の軍隊。それぞれに魔界軍王と呼ばれる指揮官が存在し、冥法軍を冥法王ベース、幻竜軍を幻竜王ドラム、妖鳳軍を妖鳳王サイザー、超獣軍を超獣王ギータが指揮している... 関連ページ:魔界軍

登場作品

ハーメルンのバイオリン弾き

勇者とその仲間達が、北の都に住む大魔王ケストラーを倒すために旅を続けるファンタジー漫画。クラシック音楽をモチーフとした人物名、地名などが多数登場する。また、主人公達の奏でる魔曲にも実在のクラシック音楽... 関連ページ:ハーメルンのバイオリン弾き

SHARE
EC
Amazon
logo