趙 高

赤龍王(漫画)の登場人物。読みは「ちょう こう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
赤龍王(漫画)
正式名称
趙 高
ふりがな
ちょう こう

総合スレッド

趙 高(赤龍王)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

始皇帝に側近として仕えた宦官。始皇帝の死後、皇帝の末子・胡亥を擁立、外界の情報から二世皇帝を遮断することで、秦帝国の実権を握った。自分に都合の悪い重臣たちを次々と謀殺し、ついには自分を問い詰めようとした二世皇帝をも殺すが、その代わりに擁立しようとした子嬰により、逆に殺されてしまった。

登場作品

紀元前二世紀、中華統一の覇業を成し遂げた秦の始皇帝は、強力な法と厳罰による圧政を敷き、多くの民を苦しめていた。その始皇帝が不慮の死を遂げると、かろうじて治まっていた天下は乱れ始め、その中で各地で秦帝国...