足利 尊氏

私本太平記(漫画)の主人公。読みは「あしかが たかうじ」。別称、足利 高氏。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
私本太平記(漫画)
正式名称
足利 尊氏
ふりがな
あしかが たかうじ
別称
足利 高氏
別称
高氏

総合スレッド

足利 尊氏(私本太平記)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

概要

実在の歴史上の人物足利尊氏がモデル。初登場時18歳。清和源氏の血を受け継ぐ足利家の嫡男。己の進むべき道に思案を巡らしていたが、祖父の足利家時が残した鑁阿寺の置文を読み、血で書かれた足利家代々の宿願を知り、密かに天下を獲ることを決意。北条家一門の赤橋守時の妹・赤橋登子を正室としてからは、御家人の中でも注目される存在となる。

後醍醐天皇率いる朝廷一派が倒幕の狼煙を上げると征伐に参加するが、混乱に乗じてついに謀反の狼煙をあげる。

登場作品

元亨2年(1322)年。時の鎌倉幕府執権・北条高時は暗愚と言われたが、とりあえず天下は泰平だった。しかし京では後醍醐天皇一派が実権を武士から奪い戻そうと蠢きはじめていた。足利家の嫡男・高氏(後の足利尊...