蹴速相撲

闘魔伝(漫画)の主人公闘魔神が、身に付けた相撲。読みは「けはやずもう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
闘魔伝(漫画)
正式名称
蹴速相撲
ふりがな
けはやずもう

総合スレッド

蹴速相撲(闘魔伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

日本書紀において野見宿祢に敗れた当麻蹴速の技を伝承するといわれる。四股を踏み、土俵で戦う点では通常の相撲と替わらないが、蹴り技を重視するという大きな特徴がある。その存在を知る角界の人間からは「外道」とも「殺人相撲」とも呼ばれる。

登場作品

昭和51年、奈良・葛城山中で人知れず行われた大一番。それは、角界の至宝双葉花と、当麻蹴速の技を受け継ぐ異端の力士闘魔神〈先代〉との、二千年の歴史を背負った闘いであった。死力を尽くした闘いの末、勝利を得...