身堂 竜馬

身堂 竜馬

バイオレンスジャック ハイパーグラップル編(漫画)の登場人物。読みは「みどう たつま」。

概要

早乙女門土の親友で門土と同じく元過激派ゲリラ。死刑を免れるため関東に逃げ込んだ。女性と見まがうかのような美しい顔と長髪が特徴。親友の門土とともに朱紗真悟が支配するアクアポリス未来市に流れ着くが、並外れた精神エネルギーが危険だと判断され、朱紗真悟に命を狙われる。

朱紗と対面した際、自分と同じように異次元のエネルギーを使い、イメージで物を創り出せる錬金術師だと指摘され、混乱する。「黄金都市編」「身堂編」など、『バイオレンスジャック』の随所に登場する重要人物の一人。永井豪の漫画『ガクエン退屈男』の主人公である同名キャラクターがモチーフになっている。

関連人物・キャラクター

早乙女門土

死刑を免れるために関東に逃げ込んだ元過激派ゲリラ。眉間の傷がトレードマーク。親友の身堂竜馬とともに朱紗真悟が支配するアクアポリス未来市に流れ着くが、並外れた精神エネルギーが危険だと判断され、朱紗真悟に... 関連ページ:早乙女門土

登場作品

バイオレンスジャック ハイパーグラップル編

巨大地震で文明が崩壊し、無法地帯と化した関東が舞台。ハイパーグラップル(超格闘技)の試合にあぶれたアイアンマッスルこと鋼光一は、道行くものから金銭を奪い取る追い剥ぎを行っていた。そこに通りかかったのが... 関連ページ:バイオレンスジャック ハイパーグラップル編

SHARE
EC
Amazon
logo