転送機

転送機

ミライザーバン(漫画)に登場するマシン。読みは「てんそうき」。

登場作品
ミライザーバン(漫画)
正式名称
転送機
ふりがな
てんそうき
関連商品
Amazon 楽天

概要

ミライザーバンとなった井台半の精神を過去や未来のミライザーバンへと転送する装置。井台博士夫妻の研究成果の一つで、助手の有紀螢が受け継いだ。各時代のミライザーバンが見聞きした情報は、映像音声データとして記録できる。また、リアルタイムで視聴もできる。有紀螢によって複数製造されており、破壊されてもバン自体に影響は無い。

登場作品

ミライザーバン

西暦1976年。冴えない少年・バン(井台半)は、科学者である両親を実験による爆発で失ってしまう。その後、怪しげな組織に狙われるバンを救ったのは、両親の助手・有紀螢であった。螢によって両親の研究の実験体... 関連ページ:ミライザーバン

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
ミライザーバン
logo