辺見 一郎

現代柔侠伝(漫画)の登場人物。読みは「へんみ いちろう」。柳勘一とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
現代柔侠伝(漫画)
正式名称
辺見 一郎
ふりがな
へんみ いちろう

総合スレッド

辺見 一郎(現代柔侠伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

一見優しい顔をしているが、妖気漂う表情を見せることがある。鹿児島の薩南商業高校柔道部に所属し、柳勘一と同い年。家は鹿児島一の分限者と呼ばれる名家で、頭が良く柔道も強いため女性に人気がある。初めて対戦して依頼、長く柳勘一に対して敵意を燃やし続ける。

登場人物・キャラクター

『現代柔侠伝』の主人公の1人。柳勘太郎、柳朝子の息子。登場時4歳。第二次世界大戦後、両親と離れ離れになる。全国を転々とした後、熊本鎮西高校で柔道にはげむうちに祖父柳勘九郎、父柳勘太郎を思わせる逞しさを...

登場作品

第二次世界大戦が終わり、復員した柳勘太郎は妻柳朝子と息子柳勘一を探すうちに思わぬ道に足を踏み入れる。一方幼い柳勘一は全国を転々とした後に運命に導かれ柔道と出会う。