辻 政信

辻 政信

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。読みは「つじ まさのぶ」。

登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
辻 政信
ふりがな
つじ まさのぶ
関連商品
Amazon 楽天

概要

関東軍参謀。少佐。建国大学創設主任。強引・専断・無情の鬼参謀として知られる。石原莞爾の持論「五族共和」に共鳴し、東奔西走の結果、建国大学を強引に開学させた。建国大学の副総長、作田荘一に掛け合い、1年か半年で国家有為の人材としてモノにするよう頼み込んだ上で、ウムボルトを強引に建国大学の特別研修生として入学させる。

石原莞爾の意志を尊重し、東亜の閉塞状況を打破する意気込みで活動する。 ノモンハン事件、シンガポール戦、ガダルカナル戦等の作戦指揮を執り、戦後は参議院議員となるが、ラオスで行方不明となる。歴史上の実在の人物、辻政信がモデル。

登場作品

虹色のトロツキー

第二次世界大戦開戦前夜の満州国と蒙古を舞台とした、日本人の父とモンゴル人の母を持つ青年将校ウムボルトの活躍が描かれる。物語は、国家、そして民族とは何かという問いかけとともに展開してゆく。実在した歴史上... 関連ページ:虹色のトロツキー

SHARE
EC
Amazon
logo