迅鉄

迅鉄

黒鉄〈KUROGANE〉(漫画)の主人公。読みは「じんてつ」。別称、鋼の迅鉄。

登場作品
黒鉄〈KUROGANE〉(漫画)
正式名称
迅鉄
ふりがな
じんてつ
別称
鋼の迅鉄
関連商品
Amazon 楽天

概要

野州楡木の絹里という村の出身。彫り細工の職人であった父親が、絹里で横行していた渡世人一家によるみかじめ料の支払いを止めようと奔走した結果、殺害されてしまう。仇討ちとして渡世人一家と裏で手を結んでいた役人を殺害し、故郷から出奔。追っ手を返り討ちにしているうちに、自身も人斬り迅鉄の異名をとる渡世人として知られるようになる。

やがて100両という大金がかけられた賞金首となり、多くの賞金稼ぎから狙われるように。そんな中のひとり、犬使いの三太に襲われ、からくも返り討ちにするが犬に喉笛を喰いちぎられてしまう。瀕死の状態の迅鉄のもとに現れたのが一人の男。男は迅鉄が死亡したのを確認すると、その亡骸を自宅に持ち帰り改造を施す。

3か月後、迅鉄が意識を取り戻すと、そこには以前の自分とは異なる姿に成り果てていた。身体の半分ほどは鋼鉄製となり、顔も生身のものとはまったくの別物。さらに声帯も失われ、声は出せない。こうして半分機械の体となった迅鉄は、自分を蘇らせた源吉という男の復讐に巻き込まれることになる。

復讐の過程で源吉が死亡したため、迅鉄は源吉に与えられた元人間のしゃべる刀・銘刀鋼丸とともに依頼を請けて人を斬る渡世人として諸国を旅するように。やがてその風貌から鋼の迅鉄の異名で知られるようになったふたりは、迅鉄の故郷をはじめ、訪れる各地でさまざまな事件に巻き込まれてゆく。

剣術の腕はひとかたならぬものの上、歯車を手裏剣のように飛び道具として使用。また迅鉄が現れる際、たくさんのカラスが付き従っていることもある。自身の風体については、過去の怪我を隠すため鉄製のお面をかぶっていると偽ることが多く、改造されたことはごく一部の人間にしか明かさない。

登場作品

黒鉄〈KUROGANE〉

賞金首だった江戸時代の渡世人・迅鉄は追手によって命を落とすが、偶然通りかかった源吉という天才蘭学者によって機械の体に改造されたことで生き返る。そんな迅鉄が、同じく源吉によって刀に改造された元人間・銘刀... 関連ページ:黒鉄〈KUROGANE〉

SHARE
EC
Amazon
logo