逆タカ戦法

逆タカ戦法

紫電改のタカ(漫画)、滝の空中戦で使う戦法。読みは「ぎゃくたかせんぽう」。

登場作品
紫電改のタカ(漫画)
正式名称
逆タカ戦法
ふりがな
ぎゃくたかせんぽう
関連商品
Amazon 楽天

概要

敵の目前で急降下し、消えたと思わせ、急上昇して敵機の真下から攻撃を仕掛ける戦法。その後、新戦法を編み出すが、太陽に向かって急上昇し消えるというものだが、具体的にどういうものかは明らかにはされていない。

登場作品

紫電改のタカ

太平洋戦争末期、台湾の高雄基地帝国海軍第七○一飛行隊へ配属になった滝城太郎は、そこで紺野一飛曹、久保一飛曹、米田一飛曹たちと出会う。飛行隊は4人を残し戦死。滝城太郎は紫電改のテストパイロットとして横須... 関連ページ:紫電改のタカ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo