通天教主

封神演義(漫画)の登場人物。読みは「つうてんきょうしゅ」。楊戩とは親族関係にある。

  • 通天教主
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
封神演義(漫画)
正式名称
通天教主
ふりがな
つうてんきょうしゅ

総合スレッド

通天教主(封神演義)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

金鰲列島を統括する仙人で、元始天尊太上老君と並んで三大仙人と称されるが、妲己王天君によって心を壊され、傀儡となる。楊戩の実の父親。スーパー宝貝・六魂旛の使い手。

登場人物・キャラクター

崑崙山脈で修行を積んだ道士で、自他ともに認める天才。仙人となるに十分な実力の持ち主ながら、弟子を取ることを拒み道士の位にとどまっている。青みがかかった長髪の美形で、傲岸不遜な性格だが、太公望のことは心...

関連キーワード

『封神演義』に登場する舞台の一つ。通天教主が統治する仙人界の一つで、基本的に人間は受け入れず、元が動植物や無生物である妖怪仙人約1000人が生活する。総本山である金鰲島の大きさだけで崑崙山脈の総本山の...
『封神演義』に登場する用語。仙術や宝貝、霊獣と呼ばれる人語を解し乗り物として機能する生き物を使う者の総称で、肉体はほんの少しずつ年を取るものの不死である。基本的には崑崙山脈、金鰲列島といった仙人界に属...

登場作品

舞台は殷王朝時代の古代中国。仙女・妲己により心を惑わされ、悪政を続ける紂王により国は乱れていた。道士・太公望は、元始天尊により人間界に害をなす仙人たちを人間界から駆逐する計画・封神計画を遂行し、殷に替...