速水 英介

ガラスの仮面(漫画)の登場人物。読みは「はやみ えいすけ」。速水 真澄とは親族関係にある。

  • 速水 英介
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ガラスの仮面(漫画)
正式名称
速水 英介
ふりがな
はやみ えいすけ

総合スレッド

速水 英介(ガラスの仮面)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

速水真澄の義父で、大都芸能の会長。速水真澄に対し、幼ない頃から厳しく仕事を教え込んだ。自分のためなら平気で非情な行為をする。「紅天女」の舞台を観てから魅了され、執拗に「紅天女」の上演権を欲しがるようになり、「紅天女」の作者の尾崎一蓮を自殺にまで追い込んだ。

身分を隠して北島マヤの前に何度か姿を現すが、北島マヤには優しく、おもしろいおじさんだと思われている。

登場人物・キャラクター

大手芸能事務所の大都芸能社長。月影千草が持つ幻の作品「紅天女」の上演権を手に入れたいと思っている。業界きってのやり手で、仕事のためなら冷酷な手段もいとわない。北島マヤに心惹かれており、正体を隠して紫の...
演出家で劇団長の男性。北島マヤの師、月影千草の最愛の人。孤児で盗みを働きながら生きていた月影千草を引き取り、大女優に育てあげた。戦争で劇場も財産も失うが、幼いころ過ごした梅の里に帰り幻の名作劇「紅天女...

関連キーワード

『ガラスの仮面』に登場するグループ。業界きっての大手芸能プロダクション。社長は速水真澄。劇団つきかげを辞めさせられた北島マヤが、一時期所属する。幻の名作である「紅天女」の上演権利を欲しがっている。

登場作品

世界観話の舞台は、主に東京で進められていく。演劇が題材のため、稽古のシーンや劇中劇が大部分を占めている。時代設定長期連載のため、作品の小物には出来る限り時代性を出さないようにしている作者だが、単行本4...