進藤 英二

女帝(漫画)の登場人物。読みは「しんどう えいじ」。

  • 進藤 英二
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女帝(漫画)
正式名称
進藤 英二
ふりがな
しんどう えいじ

総合スレッド

進藤 英二(女帝)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

立花彩香が東京で2番目に勤めた銀座のクラブ・佐和の黒服。以前はサラリーマンだったが、会社が倒産して自暴自棄になっていたところをママである藤村佐和に拾われ、黒服となった。黒服から身を立てて銀座の帝王になることが目標で、そのためには人の道に外れたことはしてはいけないと考えている。

非常に優秀な黒服であり、佐和からの信頼も厚い。彩香のホステスとしての才能を高く評価しており、また一緒に仕事をするうちに彩香に対して想いを寄せるように。のちに彩香と結婚した。公私ともに彩香のパートナーとなり、ほどなく彩香が妊娠する。だが、そんな幸せの絶頂の最中に脳腫瘍で余命がないことが発覚。

生まれてくる子に明日香と命名して亡くなった。

登場人物・キャラクター

自らの才覚と美貌を武器に、水商売の世界の女帝になることを目指す女性。熊本でスナックを営む母親の西崎麻里子のもと、貧しい母子家庭で育つ。苦労しながらも、女手ひとつで自分を育ててくれた母親に深い感謝と尊敬...

登場作品

熊本で暮らす優等生の女子高生・立花彩香は、スナックを営む母親の麻里子と2人、貧乏ながらも幸せな日々を送っていた。だが同時に、同級生で代議士の娘である北條梨奈から、スナックを営む母を侮辱されるなど、水商...