道生の祖母

道生の祖母

親なるもの 断崖(漫画)の登場人物。読みは「みちおのそぼ」。別称、ばっちゃん。

登場作品
親なるもの 断崖(漫画)
正式名称
道生の祖母
ふりがな
みちおのそぼ
別称
ばっちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

道生の祖母で茂世の母。由緒ある大河内家に元娼妓が嫁に入ることを嫌がり、に辛く当たる。しかし、娼妓の子であるために道生が学校でいじめられないようにと、校長に頭を下げるなど、孫のために力を惜しまない人でもある。戦中の艦砲射撃が元で亡くなる。

登場作品

親なるもの 断崖

昭和初期の北海道室蘭。遊郭・富士楼に、最年長の松恵、その妹で梅、大人びて美しい武子、容姿の悪い道子という4人の少女が連れてこられる。訪れた当日、娼妓として客を取らされた松恵は、直後に首を吊って死んでし... 関連ページ:親なるもの 断崖

SHARE
EC
Amazon
logo