遠智娘

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「おちのいらつめ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
遠智娘
ふりがな
おちのいらつめ

総合スレッド

遠智娘(天上の虹)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

鵜野讃良皇女の母であり、中大兄皇子の妃嬪。その寵愛ぶりは、正妃の倭媛から嫉妬を買うほどで、間を置かず大田皇女と讃良のふたりの娘を授かっている。心優しく穏やかな愛情を持って夫を慕っていたが、自分の訴えに耳を貸さず、実父の蘇我倉山田石川麻呂にあらぬ謀反の疑いをかけて自殺に追い込んだため、絶望して精神に異常をきたし、建皇子を産むと同時に亡くなった。

歴史上の実在の人物、遠智娘がモデル。

登場作品

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し...