遠藤 香菜

恋と軍艦(漫画)の主人公。読みは「えんどう かな」。別称、香菜。

  • 遠藤 香菜
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
恋と軍艦(漫画)
正式名称
遠藤 香菜
ふりがな
えんどう かな
別称
香菜

総合スレッド

遠藤 香菜(恋と軍艦)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

両親の不仲から、田舎の小舟町に住む祖母吉本セツコに引き取られた中学1年生の女の子。小舟町町長、港航一に運動会でメダルを貰ったときから彼に恋していた。「東京者」といわれて孤立していた香菜だったが、少し変わり者のクラスメイト篠原晶と「友達がいないもの同士」という風変わりな関係に。

一緒に行動するうちに、町長のやけに親しい友人でエロ漫画家である入市アレクサンドルの自宅に度々入り浸るようになる。少しでも町長に近づくため、早く大人になりたいと考えている。だが、大人の事情というものがどうしても理解できずに悩み、苦しむ香菜だったが、人の流出に歯止めが聞かない小舟町のために頑張る町長と気持ちは同じ。

小舟町を愛する気持ちは誰にも負けないと思っている香菜は、中学生の自分にも出来ることを探して、地元の知る人ぞ知る特産品や手作り商品をネット販売する活動を始める。それが町長のやり方と対立することになるとはつゆ知らず。ツインテールにクリクリした瞳がチャームポイントのかなり可愛い少女。

だが、かなり天然をこじらせていて、町長への片思いに妄想が止まらない。胸がないことを気にして毎朝牛乳をがぶ飲みしている。

登場人物・キャラクター

小舟町のやり手の町長。祖父もまた以前小舟町で町長をしていた。郵便局長の甥で郵便局が自宅になるが、同じ町に住む友人でエロ漫画家の入市アレクサンドルの自宅にちょくちょく泊まり込んでいる。戦中、軍艦の部品製...

関連キーワード

角島県にある港と山に囲まれた小さな町。戦中は戦艦の部品製造に関わり業績を上げ繁栄するが、現在ではそれも過去の話。盛んだった漁業も振るわず、若者も将来に希望を持てずに都会に出て行ってしまうような、過疎化...
『恋と軍艦』の舞台のひとつ。遠藤香菜が、小舟町の町興しに中学生の自分にもできることはないかと考えた末、バザー活動のようなものの延長線として学校で商売をすることを思い付いた。「お金クラブ」ではあんまりに...

登場作品

両親のすれ違い生活の末、母親に引き取られた遠藤香菜だったが、その母親も仕事で海外にいることが多いため、角島県の小舟町に住む祖母の吉本セツコに引き取られた。引っ越して来たばかりの小学5年生のとき、町民体...