適合者

紅殻のパンドラ(漫画)の用語。読みは「あでぷた」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
紅殻のパンドラ(漫画)
正式名称
適合者
ふりがな
あでぷた

総合スレッド

適合者(紅殻のパンドラ)の総合スレッド
2016.09.18 13:03

概要

達人(アデプト)と接合器(アダプター)を組み合わせた造語。生身の人間が自分の手足を自由に動かすのと同じか、それ以上のレスポンスで義体を動かせる人のこと。一般的に全身義体は過酷なリハビリテーションを経て、ぎこちなく動かせるというのが大多数を占めるケースであるため、適合者のように自在に義体を操れる人物は、全世界でもほんの数名とされている。

また、適合者は全員が10代以下である。

登場作品

孤児で全身が義体化された少女・ネネ(七転福音)は、自分の面倒を見てくれることになったおば・コロバセ(崑崙八仙拓美)が住む、セナンクル・アイランドへと向かっていた。その旅の船上で、ネネは、自分とよく似た...