邑峻

邑峻

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「ゆうしゅん」。羅候とは親族関係にある。

登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
邑峻
ふりがな
ゆうしゅん
関連商品
Amazon 楽天

概要

南蛮王国の王女で、後に羅候の妻となる女性。明るく元気な娘だが、武芸を好み、輿入れの際に百人の武装した女兵士を引き連れたり、身重の体で戦場に同伴して白兵戦を行ったりするなど相当なじゃじゃ馬である。感情的かつ自己中心的になりやすく、羅候姜子昌の決断に異を唱えては変更させ、そのことが悪い意味で大局に影響してしまうことがある。

ただ、羅候に対する愛情は疑いようがなく、彼を天下人にするためなら、母国を捨石にすることも辞さないほど。

関連人物・キャラクター

羅候

南天の小国・練国の太子で、比紀弾正の南征で父・羅鶴が戦死したことから、若くして練国の国主となる。血の気が多く、直情径行な性格ゆえに当初は独眼竜正宗に手玉に取られ、智国の事実上の属国としての地位に甘んじ... 関連ページ:羅候

関連キーワード

練国

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。南天に位置し、首都星は益州都(後に大王理と改名された)。南天のなかでも辺境に位置し、神聖銀河帝国の領域外の異民族国家・南蛮王国と関わりが深く、羅候をはじめ王族も獣... 関連ページ:練国

登場作品

銀河戦国群雄伝ライ

広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国が崩壊し、各地の英傑が次代の覇者を目指して躍動する世界を舞台に、主人公・竜我雷が多くの仲間に支えられてのし上がっていく戦国群雄物語。スペースオペラを下敷きに、日本や... 関連ページ:銀河戦国群雄伝ライ

SHARE
EC
Amazon
logo