邑輝 一貴

邑輝 一貴

闇の末裔(漫画)の登場人物。読みは「むらき かずたか」。

登場作品
闇の末裔(漫画)
正式名称
邑輝 一貴
ふりがな
むらき かずたか
関連商品
Amazon 楽天

概要

1964年12月4日生まれ。血液型A型。銀髪に銀色の瞳。東京で勤務医をしている。他人の精気を吸収して自分の霊力として変換することができる力を持つ。昔事故で右眼をつぶしてしまって義眼になっている。自分が犯した殺人現場を黒崎密に見られ、彼を呪殺した。祖父の邑輝雪貴も医者で、生前の都筑麻斗の主治医であった。

祖父の研究を引き継ぎ、残された資料から都筑麻斗が人間のものではない遺伝子情報を持つ存在である事を知り、自分の目的のために都筑麻斗を欲する。

関連人物・キャラクター

黒崎 密

1980年10月18日生まれ。16歳。血液型AB型。都筑麻斗のパートナー。霊力が非常に強く、治癒・防御系の能力がとても高い。自分の意思とは関係なく他人の感情にシンクロする能力があるが、霊力が強すぎて自... 関連ページ:黒崎 密

都筑 麻斗

1900年2月24生まれ。26歳で自殺。血液型B型。左利き。閻魔庁召喚課、別名死神課に所属。閻魔庁にトップで入り、18人の死神の中で最も強い呪術力と、最高クラスの式神を12匹も従えている。しかし上を目... 関連ページ:都筑 麻斗

登場作品

闇の末裔

冥府にある十王庁では死者の生前の罪業を裁いていた。その中の閻魔庁、召喚課では裁判に関する様々なトラブルを扱う部署。仕事は基本、死者を召喚する事からそこで働くものは「死神」と呼ばれる。都筑麻斗は九州地区... 関連ページ:闇の末裔

SHARE
EC
Amazon
logo