邪馬台国

雷火(漫画)の舞台のひとつ。読みは「やまたいこく」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
雷火(漫画)
正式名称
邪馬台国
ふりがな
やまたいこく

総合スレッド

邪馬台国(雷火)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

紀元前3世紀頃の、『雷火』においては九州北部に存在した国。二十以上の国からなる連合国家で、卑弥呼を女王としていた。魏国と交流して人材や技術を提供されていたが、張政による事実上の支配を受けてしまう。卑弥呼の死後、連合国家の内乱が発生したが鎮圧され、壱与を新しい女王として表向きは平定されていた。

関連キーワード

『雷火』の舞台の一つ。山に囲まれた地形を利用し、都を堅牢な砦とした軍事国家。交易を重視し、馬や新型の青銅剣を輸入して邪馬台国を攻めようとする。

登場作品

魏国の張政は邪馬台国を自分の物としようと画策していた。そして女王卑弥呼を暗殺へと追いやり、幼い巫女壱与を女王に仕立て上げて自分の意のままに操ろうとする。山中で壱与と出会ったライカは、壱与を奪回しようと...