邪魅羅

魍魎戦記MADARA(漫画)の登場人物。読みは「じゃみら」。ミロク帝とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
魍魎戦記MADARA(漫画)
正式名称
邪魅羅
ふりがな
じゃみら

総合スレッド

邪魅羅(魍魎戦記MADARA)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

金剛国の軍団にいた女戦士。魎鬼狩りをしていた聖神邪とは幼馴染の関係で、命を助けられたことがある。一度は摩陀羅の敵として現れるが、ミロク帝の卑劣さを知り、彼に抵抗するようになる。カオスの許嫁で、彼を助ける手がかりを探している。

登場人物・キャラクター

イズモ族王家の末裔の男で、金剛国に所属していた兵士。可愛い妹がいる。戦いを好んでミロク帝に仕えていたが、聖剣クサナギを手に入れると、魎鬼狩りを楽しむようになる。摩陀羅と出会った後、ミロク帝を裏切り、摩...
理想郷アガルタの王座を狙う金剛国の帝王。主人公・摩陀羅と、その双子の兄・影王の父親でもある。摩陀羅の持つ強大な力を恐れて彼の体を8つに割き、自分の手下である金剛国八大将軍の中にそれぞれ分けた。摩陀羅と...
ミロク帝に滅ぼされたオロチ族の末裔の男で、武術の達人。体の半分をミロク帝に奪われている。摩陀羅には協力的。理想郷アガルタの王座を狙い、徐福(じょふく)を従えて行動している。

登場作品

巨大な力を恐れたミロク帝に身体を8つに割かれて生まれた主人公摩陀羅は、育ての親タタラの遺言により自分の身体と霊力を奪った8人の魍鬼を退治する旅に出る。旅の中で金剛国の兵士を味方につけ、闇の帝王ミロク帝...