郭鵬樹

郭鵬樹

黄土の旗幟のもと(漫画)の登場人物。読みは「かくほうじゅ」。

登場作品
黄土の旗幟のもと(漫画)
正式名称
郭鵬樹
ふりがな
かくほうじゅ
関連商品
Amazon 楽天

概要

洛陽の役人で、李戴之の親友にして淑艶の兄。国の行く末を憂いてはいるがプライドが高く、李戴之が流賊の仲間になったことが信じられなかった。李自成、李戴之紅娘子と問答を繰り広げ、流賊に対して一定の理解は示すものの結局分かり合えはせず、彼らとは別の道を歩むこととなる。

登場作品

黄土の旗幟のもと

17世紀初頭の明王朝。圧政による困窮で人民は次々と反乱を起こし、万里の長城を挟んで迫る清国により、明王朝は国を保つには限界を迎えていた。明王朝の官僚である李戴之は、弟の李侔より大規模な農民軍を率いる豪... 関連ページ:黄土の旗幟のもと

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
李戴之
紅娘子
李侔
李自成
淑艶
場所
logo