鄭 蘋玉

鄭 蘋玉

龍-RON-(漫画)の登場人物。読みは「ちょん ぴんゆー」。

登場作品
龍-RON-(漫画)
正式名称
鄭 蘋玉
ふりがな
ちょん ぴんゆー
関連商品
Amazon 楽天

概要

『龍-RON-』に登場する人物。18歳の休学中の女学生としての前に現れたが、その正体は、抗日テロ組織・藍衣社のスパイ。裕福な家庭で何不自由なく育ったが、母親が日本人のため屈折している。ていによく似た養子をしており、巧妙にに近づく。偵察のため何度もを誘惑するが、手を出してこないの誠実さが自分の周りにいる男性とあまりにも違うため、いつしか本当に好きになってしまう。

しかしその思いが成就することはなく、二重スパイをしていたことがバレて殺害される。

関連人物・キャラクター

京都の財閥・押小路家の嫡男として生まれたが、跡取りとなることを拒否し、日本有数の武道家育成機関・武道専門学校で剣道に励む。しかし、在学中に押小路家の女中田鶴ていと恋仲となり、結婚を機に退学。父が暴漢に... 関連ページ:

登場作品

龍-RON-

京都の名門押小路財閥の長男に生まれた押小路龍は、会社経営には興味がなく、幼い頃から得意としてきた剣道を生かして大日本武徳会の武道専門学校(通称、武専)へ入学する。そこで師や同期の仲間たちと日々剣の修行... 関連ページ:龍-RON-

SHARE
EC
Amazon
logo