酒井 雅楽頭 忠清

天地明察(漫画)の登場人物。読みは「さかい うたのかみ ただきよ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天地明察(漫画)
正式名称
酒井 雅楽頭 忠清
ふりがな
さかい うたのかみ ただきよ

総合スレッド

酒井 雅楽頭 忠清(天地明察)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

老中。渋川春海の算術と暦術の才を聞き及んでおり、囲碁よりそちらに興味を抱いていることを知ると、北極出地の調査役に任命する。彼自身は天文学にさほど関心を示してはいないが、それに打ち込む春海の姿勢には非常に高い評価を下しており、北極出地から帰還した後に改暦の儀の総大将に推薦。

必ず成し遂げるように激励した。同名の実在人物酒井雅楽頭忠清がモデル。

登場作品

囲碁を打つ棋士の家系、安井家の嫡男である渋川春海は、算術における難問の数々を一瞥しただけで解き明かした人物、関孝和の話を聞きつけ、勝負を挑む。しかし、そのために作り出した問題に欠陥があると知り愕然とす...